染めタローでグラデーションに挑戦!

こんにちは!アシストスタッフです(^▽^)ノ

最近のキャラの髪ってのかかってる子が
多くないですか??
こんな風に↓

 

でも実際に再現するのはちょっと難しい…
ならば!最近スタッフが激推ししている

『染めタロー』

で再現できるか実験してみよう!!!
ということで[続きをよむ]へ→→→

 

 

 

 

 

 

今回はいろんな実験を一緒にしましたので、
それも纏めてご紹介します!

*☆——————————————————-☆*

【今回の実験メニュー】

色の濃いウィッグに染めタローは使えるか

「簡単」にグラデーションできるか

ズボラ(目分量)でも染められるか

*☆——————————————————-☆*

 

 

まず

・染めタロー
・沸騰させたお湯
・耐熱プラスチック容器や金属製のボウル
・汚れていいタオル
を用意します。

 

ちなみに今回はこのカラーサンプルを染めます。
ゴールド・オレンジ系にはピンクの染めタローを、
レッド系にはオレンジの染めタローを使います。

 

 

 

 

準備ができたら
ボウルに染めタローを入れます。
染めタローとお湯は1:20で染めるのですが、
大体の量でいいです!(ズボラ発動)

 

 

 

 

そこにお湯を追加します。
これも大体でいいです!(ズボラ発動)
ちょっと濃いめかな~?くらいにしましょう。

 

 

 

 

お湯を入れたら一度しっかり混ぜてくださいね!
(混ぜることで染めタローのムラをなくし
お湯の温度を100度から少し下げてウィッグの傷みを防止します。)

 

 

混ぜたら染めます!
しゃぶしゃぶするように浸けます!
名づけて
「染め(タロー)しゃぶ(しゃぶ)!」
です!!!
(高いお肉のしゃぶしゃぶのように短い時間で!)

 

 

なぜ短い時間でそこそこ染まるのかというと、
お湯の温度が80度前後になっているからです!
★染めタローは80度で力を発揮します!

 

 

 

一度引き上げて色が薄いと感じたら
何度か染めタローの中をくぐらせましょう!

 

 

 

ちょうど良い色になったら引き上げて
水気を切りましょう。

 

 

さて、濃い色のウィッグに染めタローで
色をつけられるのか……!

見事実験成功です!

 

*☆——————————————————-☆*

【実験結果】

①色の濃いウィッグに染めタローは使えるか
使える!ばっちり染まる!

②「簡単」にグラデーションできるか
しゃぶしゃぶしながらゆっくり引き上げてできる!

③ズボラ(目分量)でも染められるか
目分量でも大丈夫!(※お湯の温度の方が重要)

*☆——————————————————-☆*

 

 

 

 

(  ^▽^)っ【おまけ実験】

先ほどの実験結果だとグラデーションが
少し見づらかったと思うので
分かりやすい色毛の中間だけ
グラデーションしてみました。

 

①毛を輪っかにして持ち
②軽く浸けて引き上げます

★point★
染めタローが広範囲に広がるので、
グラデーションしたいところよりも
余裕をもって染めてください。

 

 

するとこんな感じに!

 

 

キレイにグラデーションできました!

これで雪仕様のバーチャルディーヴァ
絶対に見捨てたりはしない誘惑と堕落の魔術師
脚本兼舞台役者の男子大学生など
グラデーションのキャラが再現できますね(^o^)♥

ぜひお試しくださいませ☆*

 


グラデーションウィッグに欠かせない!
ウィッグ専用染料『染めタロー』はコチラ
(  >▽<)  <全10色